様々な占い師のなり方

鑑定能力の他にも学ぶべきことがあります

占い師のなり方は様々だと思いますが、専門的な占いの知識などのほかに、カウンセリング力が重要になってくるのだという話を聞いたことがあります。確かに、占いをする上では、的確な占いの解説や説得力のあるアドバイスは大切になります。占いの致死kいだけが合っても、お客さんは集まって来ないだろうし、占いの人気は近年とくに高いので、利用者の目も厳しくなっているのだと思います。占い師は接客業でもあるので、相手にリラックスしてもらうための話し方とか聞き方といったコミュニケーション能力も大切らしいです。利用者にまた来ようと思ってもらえるような対応が人気にも繋がるのだと思います。
私は現在接客業をしていて、コミュニケーション能力の大切さはよくわかっています。占い師も接客業だという話を聞いてから占い師のイメージがまた変わりました。占いの勉強をしながら働いている状態ですが、将来占い師として一人前になりたいと思っているので、仕事の幅を広げるためにも、占いの勉強に合わせてカウンセリングやコミュニケーション能力を更に向上させていきたいと思います。

 

弟子入りから占い師になりました

占い師のなり方は、すでに占い師として活躍している方に弟子入りする方法や、専門学校や通信教育でデビューまで紹介してもらう方法、独学で学んで自分で就職する方法の3つが主流です。
私は確実に占い師になりたいと考えていたので、弟子入りして占いについてを学んでいます。弟子入りすることで先生の占いの方法を目で見て覚えることが出来て自分の力にすることができたし、いろんなケースの相談を目の当たりにすることができて経験に繋がりました。経験や実績を積むだけではなく、固定のお客さんや紹介されてきたと言うお客さんも増えました。
将来は独立したいと考えているので色々な占いに対応できるようにと、最近電話占い師の募集に応募して電話占いでも働いています。様々な場面で占いをする機会が出来たことでより実績を積むことができます。実力を蓄えるという意味でも、様々なところで占いをする機会があるのは良いことだと思います。しっかりと力をつけたい、経験を積みたいという方は、弟子入りだけで満足しないで、イベント占い師や電話占い師などの募集に応募してみるのも良いかと思います。

関連記事